収入証明書はどうして必要でないのか

専業主婦の方が、普通にキャッシングを利用するのならば、収入証明書は不要です。中には必要になる場合として旦那さんが自営業であったり、会社経営者であれば必要になりますが、原則は必要ではありません。

 

そもそも、収入証明書が必要になる場合は高額のキャッシングの場合です。専業主婦がキャッシングを利用する際には、必然的に少額融資になりますので、先ほど紹介した場合以外では収入証明書はいりません。

 

専業主婦は銀行カードローンの利用になる

もしも、専業主婦の方がキャッシングを利用する、となれば、銀行カードローンを利用することになるでしょう。消費者金融でも一部でも可能ではありますが、審査に時間がかかったり金利がかなり割高になりやすいので、おとなしく銀行カードローンを利用した方がいいでしょう。

 

銀行カードローンでしたら、配偶者貸付という制度で借入をすることになります。夫の収入から返済に充てる、という制度になりますが、もちろん夫の収入証明書は必要ではありません。夫の収入から、と聞くとどうしても必要そうに思われますが、専業主婦というだけでも、夫には収入が十分にあるということが推測されますので、銀行も不用意にチェックを行おうとはしないのです。チェックをするのもただではありませんから、銀行側にも収入証明書をチェックしないメリットがあるのです。

 

確認をした方が銀行としては良さそうだが

収入があるかどうかをしっかりと確認する、という部分ではメリットがあるように思われるかもしれません。むしろ、収入が思ったよりも少ない方が来られて、貸し倒れのリスクが高まってしまうのではないか、とも思われます。しかし、銀行カードローンから無収入の専業主婦の方に対しての融資限度額はほぼ30万円に設定されています。

 

30万円と言うのは銀行の借入額としてはかなりの少額なのです。ですので、貸し倒れがあったとしても、銀行側としてはあまり痛くもありません。むしろ、高額融資の方の場合にしっかりと収入証明書を確認しておいた方が、借金も金利も回収しやすくなりますし、そうした方が利益も上がるのです。

 

銀行カードローンからすれば、専業主婦へのキャッシングは我々が行うアルバイトのような小金稼ぎのようなものなのです。ですので、前述したようにチェックに使う無駄なコストは避けておきたいですし、むしろ必要な書類が増えれば、それだけ敷居が上がって利用者は減ってしまいます。マーケティングでも同様のことですが、一度に儲けられるお金は多くなくとも、数を増やせば莫大な利益になります。

 

それは金利から利益を得ている金融機関も同じことです。つまり、必要書類を減らして利用しやすい状況を作り出し、利用者を増やしてたくさんの利益を得ようとしている訳です。要は儲けのためにバランスを整えているということです。

 

キャッシングは夫に内緒でも可能

利用者を増やすために必要書類を少なくする、ということは利用者である専業主婦にとってもメリットがあります。専業主婦のキャッシングの際には配偶者の同意書が必要書類として付け加えられるのですが、これでさえも必要書類から排除している銀行もあるのです。

 

東京三菱UFJ銀行、みずほ銀行、東京スター銀行、横浜銀行、イオン銀行、楽天銀行のそれぞれのカードローンでは配偶者の同意書が必要ではありません。もしも、夫に内緒でキャッシングを利用したい、と思っておられる方にはちょうどいいメリットとなります。

 

どの銀行を選ぶのが一番いいか

紹介した6つの銀行の中で、どこを選ぶのが一番いいのか、ということを考えると、それは利用者の求める条件次第、ということになります。例えば、最初に説明した専業主婦の融資額限度額が30万円、ということですが、それが不満に思う方もおられるでしょう。

 

もうちょっとお金を借りたい、というのであれば、限度額が50万円にまで膨れ上がるイオン銀行か、楽天銀行をオススメします。もちろん、全員が全員50万円を借りられる、という訳ではありませんが、30万円以上の融資を受けたい、というのであれば、これらを利用しましょう。

 

また、審査の際の必要書類を極力減らしたい、と言う方もいらっしゃるでしょう。そのような場合は楽天銀行を利用しましょう。楽天銀行スーパーローンでは、配偶者の同意書の他にも、住民票までもが必要書類から弾かれます。同様に横浜銀行も住民票が不要になりますが、利用できる方が限られてしまうので、限定地域に住んでいる方にはオススメです。

 

このように、何を求めるか、何を条件にお金を借りたいのか、ということを考えることも専業主婦のキャッシング利用の際には必要なことです。必要書類をすべて集められるのならば、最寄りの銀行を使った方が、コスト面も手間も少ないでしょうから、それが一番に感じる方もおられますし、何が何でも夫バレを防ぎたい、というのであれば、手間をかけて紹介した六つの銀行のうちのどれかを使う、という風になるでしょう。自身に合った銀行カードローンを選ぶことが大切です。