年金で生活している人が審査で不利になる理由とは?

アルバイトで生計を立てている人と、年金で生活している人を比較した場合、キャッシングの審査において合格できる確率が高いのは、前者であり、確率としてもかなりの開きがあるでしょう。

 

また、後者の方に関しては、年金の収入のみでは消費者金融でキャッシングを利用することはできません。銀行となれば、話は別ですが、それでも相当厳しいと言わざるを得ないでしょう。

 

年金で生活している人が審査で厳しくなる理由

年金で生活している人が審査で相当厳しいと言われるのは、アルバイトで生計を立てている人と比べても収入が少ないことや年齢的な部分もあるためです。

 

キャッシングの審査で許される年齢とは?

キャッシングの審査の際には年齢も関係してきて、20歳以上でかつ70歳未満でなければ審査を受ける資格がありません。これは、大方の消費者金融でそうなっていて、銀行では65歳以下というところが多くなっています。

 

レイク、じぶん銀行では70歳以下ということで多少条件が緩いものの、逆に楽天銀行のように、60歳と厳しくしているところもありますので、基本的には年齢が上がると審査そのものが厳しくなったり、受ける資格すらなくなってくるのです。

 

年齢から病院に関わる機会が多くなる

年金を受け取るような年齢ともなると、当然のごとく病気にもなりやすく、転倒により骨折をすることもあるでしょう。そうなればお金もかかってくることになるでしょうし、最悪の場合、介護が必要な状態になることも十分考えられます。

 

こうなってしまっては、お金がかかるばかりか働いて収入を得ることも難しくなり、その後の返済についても怪しくなってきますので、返済が行われなくなる危険性がある以上、キャッシング会社としても簡単に貸すわけにはいかないのです。

 

会社を退職した後になぜお金が必要か?

年金を受け取っている人の審査が厳しくなるのは、”そもそもなぜ今になってお金が必要なのか?”といった疑問から、お金を必要としていること自体が危険と思われてしまうためです。キャッシング会社がこのように思うのは当然であり、普通の人なら大抵はどこかでお金を貯めて定年後に備えるでしょう。

 

それにも関わらず、現時点でお金を必要としているのは、若い時にそれをしてこなかったためとみることもできます。このようなお金の管理をしっかり行ってこなかったような人は、キャッシングの返済もいい加減である場合やさらに悪くなると自己破産をする場合が多いことから、キャッシング会社等では審査を厳しくせざるを得ないのです。

 

アルバイトをしているだけでも非常に合格しやすい

年金で生活している人と比べるとたとえアルバイトであっても収入を得られているというだけで、年金で生活している人よりも非常に合格しやすいです。銀行のキャッシングであれば、収入を得られていない主婦の方でも利用が可能ですが、それでも収入があるのとないのとでは比べものになりません。

 

正社員と比べればさすがにマイナスとなりますが、収入を得られている時点でキャッシングを行うことが可能ですので、その点を考えても年金で生活している人より審査でプラスになるのは明らかです。

 

年金に加えてアルバイトで収入を得ている場合

年金に加えてアルバイトもしている方もいらっしゃるかと思いますが、このケースではやはり審査では有利となります。これまでのことからお分かりの通り、収入を得られている時点でプラスとなり、また、働けるような健康な体を持っていると見られるからです。

 

ということは年金のみで生活している人と比べると、病気になって返済が行えないという危険性が少ないとも考えられますし、在籍確認が行えることから利用者自身の信用も高まります。年齢的な問題から多少マイナスとなるのは避けられませんが、年金のみの方と比べるとかなり有利になるのは確かです。

 

年金で生活している人は”年金担保貸付”を利用する手もある

キャッシングの審査は年金で生活している人にとっては厳しいものです。しかし、世の中には年金を受けていることでプラスになるような貸付も存在します。それは、年金担保貸付という制度で、1年間の年金の受け取り額のおよそ80%ものお金を貸してもらえるのです。

 

さらにこれのよいところは、金利が約1.6%となっている点であり、消費者金融の18%と比べると驚きの低さであることが分かります。審査自体も年金を受けてさえいれば通るようなものですから、消費者金融等のキャッシングの審査よりははるかに合格しやすいです。

 

以上のことから、年金で生活していてお金を借りたい場合は、消費者金融等でのキャッシングを利用するのではなく、この年金担保貸付を利用するべきかと思われます。