原則は身分証明書だけで大丈夫

キャッシング審査に必要な書類は、サラリーマンや公務員などの方は、原則として、運転免許証などの身分証明書だけで大丈夫です。もちろん、パスポートや健康保険証などでも大丈夫ですが、運転免許証の方が確実なので、運転免許証が一番です。

 

キャッシングには収入証明書は必要ではないのか、と思われるでしょう。それは確実に必要、というわけではありませんが、場合によっては必要になることがありますので、その場合をしっかりと覚えておきましょう。また、人によっては必要書類が追加される場合もありますので、それもご紹介しましょう。

 

収入証明書が必要になるケース

まず、通常の会社員などがキャッシングを利用する際に収入証明書の提示を求められる場合は、融資金額が高額になる場合だけです。消費者金融ならば50万円以上、銀行カードローンならば、ほぼ300万円以上からです。消費者金融ならば一律50万円からと決められていますが、銀行カードローンは銀行によって違う場合があります。

 

例えば東京三菱UFJ銀行ならば100万円から、三井住友銀行ならば200万円から収入証明書が必要となりますが、これらを利用しないのであれば関係ありませんから、大体は300万円から必要になると思ってもらって構いません。ですので、高額融資を受けるつもりがないと言うのなら、身分証明書だけで大丈夫です。わざわざ収入証明書が必要になるときは、勤め先がある方ならばこれぐらいしかありません。

 

自営業や法人経営者の場合は必ず必要

自営業や会社経営者などは、例え少額融資であっても収入証明書の提示は必須となります。キャッシング業界からすると、これらの仕事の方は今後の収入がどのようになるのか分かりませんし、収入もその人の働き次第となりますから、チェックしなければ貸し出すのは難しいのです。

 

提出できる書類は自営業の場合はたくさんある

自営業の方が収入証明書としてすぐに思い浮かぶのは、恐らく確定申告書でしょう。もちろん、これも収入証明書として提出することは可能です。ですが、それ以外の書類でも提出できるものはたくさんあります。一覧にすると、確定申告書、所得証明書、納税証明書、課税通知書、住民税決定通知書、などがメジャーなものとして挙げられます。

 

ここに挙げられている所得証明書は、役所から発行される一年分の源泉徴収をまとめた所得証明書となります。この書類は意外と役立つ場面が多いですし、役所発行と言うことでかなり信用も高いですから持っておくと非常に便利ですよ。

 

その他に書類が必要な場合

このようなケースは現状で一つの場合しかありません。それは、利用者が無収入の専業主婦である場合です。このような場合ですと、利用できるキャッシング方法が配偶者貸付という方法だけになります。平たく言えば、配偶者貸付を利用するために必要な書類は、身分証明書以外にもいくつか追加される、ということです。また、無収入の専業主婦は銀行カードローンしか利用できませんので注意しましょう。

 

追加される2つの書類

追加される書類は全部で二つです。住民票と配偶者の同意書です。まず、配偶者の同意書についてですが、これは名前の通り、専業主婦の場合は夫がキャッシングをすることに同意したということを表す書類です。少なくとも、収入が無い時点で夫の収入だけが返済の頼りですから、返済に充てるお金を自身の収入から捻出することを同意している必要があるのです。

 

同意書はパソコンなどでダウンロードする

同意書の形式は、公式ホームページなどを調べたり、検索してみたりするとPDFがヒットします。それを印刷して作るのが一般的です。銀行に置いてある、ということはあまりないので注意しましょう。また、形式を指定しない銀行もありますが、自分自身で同意書自体を自作することは審査に落ちてしまう原因にもなりかねませんので、あまりオススメしません。

 

そのような場合は、別の銀行のホームページにあるPDFなどを真似てワードなどで作る方が、確実性は上がりますのでそちらをオススメします。また、銀行によっては、配偶者の同意書を必要としない銀行もあります。夫に同意書を書いてもらえない、夫に内緒で借り入れをしたい、という場合ならばその銀行を利用するといいでしょう。

 

住民票はなぜ必要なのか

住民票は、夫との婚姻関係を証明するために必要なものです。住民票に限らず、婚姻関係を証明することのできる戸籍謄本などでも構いませんが、一番簡単に入手できる書類は住民票ですから、住民票を選ぶ方がいいでしょう。

 

また、事実婚をされている方の場合ですと、住民票の続柄部分に夫(未婚)、妻(未婚)と書かれていれば大乗です。しかし、それだけでは少し弱い場合もありますので、役所で事実婚契約書や内縁契約書を貰って来て、それを提出した方がより審査には通りやすくなるでしょうから、そちらもオススメします。