中小ローン会社では、10万円以下の借入金利は20%

キャッシングを利用する際に気になるのが金利です。キャッシングにおける金利は借入金の金額に応じて変化する性質があり、借入金が少額では金利は高くなり、借入金が高額では金利は低くなる傾向にあります。

 

これは商品のまとめ買いによる割引によく似たシステムで、多額の借入をすると低金利でキャッシングが利用できることになります。ここで少額利用の際の金利はどのような水準なのか、キャッシングと金利の関係について分析したいと思います。

 

50万円まで金利水準は変化しない

借入金の金額が多くなると金利は低くなりますが、その基準はおおよそ50万円です。借入金の金額が50万円を超えないレベルでは、金利は低くならないのです。

 

逆に言えば1万円から50万円程度の借入金に対する金利水準はほぼ一定のものとなっているのです。

 

消費者金融での実質年率は「18%」

消費者金融でキャッシングした場合の上限金利は、実質年率で「18%」となっています。そこで50万円までの借入をした場合、この18%の金利が適用されることとなります。この18%の金利を前提に考えた場合、3万円を1ヶ月間借りた場合の金利は450円となり、10万円を1ヶ月間借りると1500円となります。

 

少額融資で金利が上昇するのは中小の消費者金融

大手の消費者金融では、借入金額が50万円を超えない限り、金利が変化することはありません。10万円以下の少額融資だからといって、金利が上昇するということはないのです。

 

しかし中小の消費者金融においては事情が異なります。中小の消費者金融では「10万円以上」の借入金に対しては、実質年率「18%」の金利が適用されますが、「10万円以下」の借入金に対しては、実質年率「20%」の金利が適用されるのです。

 

実質年率「20%」は大手消費者金融の遅延利息に相当する

この中小の消費者金融において適用される年率「20%」は、大手の消費者金融が遅延利息として請求する水準の金利です。遅延利息とは、返済期日に間に合わず延滞している時に請求される金利で、遅延したことに対するペナルティーとして請求されるものです。

 

さらにこの20%は利息制限法の上限金利でもあるため、法律で認められた最大請求可能な高金利ということになります。このように中小の消費者金融から少額の借入をした時には、法令が許す最大の金利を請求されることになります。金利負担が大手に比べ高くなっているため利用には注意が必要となります。

 

少額融資専門の貸金業者は高金利の傾向にある

中小の消費者金融には少額融資に特化した会社もあります。これは10万円以下のキャッシングだけを専門に扱う会社ですが、こういうところは特に実質年率「20%」となっています。中小の消費者金融は、大手に比べ利用者が少なく、大口の顧客も少ないものです。そこで少数の利用者から確実な収益をあげる必要性から、金利を高く設定して収益を稼ぐ必要があるのです。

 

また貸金業者には、法定利息の20%を越えた利息を請求してくるいわゆる闇金も存在しています。闇金は法外な利息を求めてくるため、絶対に利用すべきではありません。キャッシングサービスを提供する貸金業者は財務局の許認可を得て営業活動を行っています。そこでキャッシングの利用においていは闇金に騙されることがないように、財務局の許認可番号を確認して正規の業者であることを確かめる必要があります。

 

アイフルの少額融資専門プランなら簡単に融資をうけられる

CMなどで目にする大手消費者金融は財務局より正式に許認可を受けている貸金業者であるため、安心して利用できます。さらに大手の消費者金融では少額融資専用プランを提供しているため、お気軽に少額融資を利用できるようになっています。

 

たとえばアイフルでは「わんポチッと。」というプランを提供しています。これは10万円以下の少額融資を希望する場合、書類レス審査として収入証明書などを要求しないようにしているものです。提出書類が本人確認書類だけでよいため、簡単に申し込めるようになっているのです。

 

またスピーディーな審査が行なわれるのも特徴となっています。10万円以下であれば、貸し倒れのリスクも限定的であるため、審査を簡便化することで通常の融資手続きよりも審査スピードを早めることが可能となっているのです。

 

レイクの少額融資であれば、無利息で利用できる

少額の借入に対しては金利が高くなるのが通常です。しかしその逆に、無利息で利用できる場合があります。大手消費者金融や銀行カードローンで提供されている、無利息キャンペーンを利用する場合です。

 

レイクでは「5万円まで180日間無利息」

たとえば新生銀行カードローンのレイクでは初回の利用に限り、「5万円まで180日間無利息」となっています。この期限内の利用であれば、無料で融資を受けることが可能となります。

 

通常、借入金が少額になれば金利が高くなるのに対し、期限内に完済すれば1円も金利を支払う必要性がないため、経済的に得られるメリットが大きく、誰でも利用しやすくなっているのです。

 

実質的に利息を低減させる効果も

この無利息サービスについては返済まで180日を越えた場合にも適用されます。たとえば完済まで1年かかるような場合には、はじめの半年分の金利については無料となります。金利は残りの半年分払えば良いだけなのです。

 

このような場合には、金利は実質的に半額になるのです。そこでレイクの無利息サービスを利用すれば、5万円以下という少額の借入金であっても金利が上昇せず、金利を無料あるいは低減させてキャッシングを利用できるため、少額の借入をする際には第一の選択肢となるのです。